2007年05月11日

簡単手品のタネ明かし

手品のタネ
かつては手品のタネは、師匠から弟子へと伝えられる重要な秘密であったという。現在では、手品の本や手品の道具を買うことによって誰でもタネを知ることができる。しかしながら手品は娯楽であり、奇術師が作り出す幻想の不思議さを楽しむものでもあり、トリックを見破ることだけが目的ではない。また多くの手品は物理的なタネの上に、長時間の訓練があって成り立っているのである。

タネあかしは奇術の世界では現在でも重大なタブーと見なされる。例えば、日本で一時話題になった「覆面マジシャン」の正体はバレンティーノというイタリア系プロマジシャンで、テレビで悪質なタネ明かしをしたためアメリカやブラジルのショービジネス界から追放された。日本でも、ある団体に所属する日本人マジシャンがテレビで重要なテクニックやタネを明かしたために世界的な問題に発展した。それ以前にも、ステージマジックを明かしたマジシャンが日本奇術協会から脱退させられるという事態が起きている。ただし、市販の手品グッズを使ったものや一般の書店で購入できるタネ本に紹介されているもの、誰でも簡単に見破れるものなどのタネ明かしをギャグとして行なうマジシャンもいる(ナポレオンズ、ゼンジー北京、マギー司郎一門など)。市販グッズでのものについては買った店や値段まで明かしてしまうこともある。ウィキペディアより
posted by マジシャン at 19:20| 簡単マジックタネ明かし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
簡単マジックでは、管理人の体験を元に解説しております。 マジックは練習すればだれにでもできるものです。 はじめはちょっととまどうかもしれませんが、コツをつかむことによりいろいろなマジックをできるようになります。 マジックはいろいろあり、簡単なマジックをいくつか覚えるだけで、忘年会や遊びでとても役にたちます。 簡単なマジックをいろいろ解説しておりますので、参考にしていただければと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。